browser icon
You are using an insecure version of your web browser. Please update your browser!
Using an outdated browser makes your computer unsafe. For a safer, faster, more enjoyable user experience, please update your browser today or try a newer browser.

オリゴ糖を無理なく体に取り入れよう

オリゴ糖は販売直後から大人気です。

便秘の原因となる生活習慣を改善してくれたり、ちゃんと腸の中を進んでいく便を作るにはしっかりとした食事がとても大事です。

無理なく摂取するには砂糖の代わりに使うのが一番手軽でおすすめです。

コーヒーや紅茶に入れる人も多いですが、それだけでなく日々の食事に入れることができます。

オリゴ糖の多くは砂糖と同じくらいか、もしくはそれ以上に熱に対して強く安定しているという特質を持っています。

ですから、加熱する料理に使っても味は変わらないし糖度も落ちません。

逆に果糖や人工甘味料のアスパルテームなどは甘味料でも熱には弱いです。

普通の砂糖の代わりに使うのが一般的です。

砂糖より甘味が少し弱いので砂糖に比べて少し多めの量を使うといいでしょう。

みりんを使う料理にも活用できるし、オリゴ糖と料理酒を合わせればみりんに近い味が出せるそうです。

料理には砂糖やみりんをよく使用するので、煮物にはオリゴ糖を使うといった意識で使うだけでも摂取量は違ってくると思います。

オリゴ糖は赤ちゃんの便秘にも効果があるそうです。

しかし赤ちゃんの場合は飲んだり食べたりがまだ難しく、オリゴ糖を摂取したくても大変なように思いがちですが、市販のサプリを使えば赤ちゃんから妊婦さんまでちゃんと便秘解消できます。

赤ちゃんにはオリゴ糖を白湯などで薄めて口の中に少量塗ってください。

甘味があるため嫌がらず、自然に体内へ吸収されます。

また白湯やミルクやお茶に少量加えて溶かし飲ませても大丈夫です。

たくさん入れると逆にお腹がゆるくなってしまうので様子を見ながら加減しながら加えていきましょう。

離乳食が始まっているならヨーグルトやおかゆやスープなどに混ぜて食べさせても美味しいです。

熱を加えても効果は変わらないのでどんな離乳食に入れても大丈夫です。

しかしさまざまな添加物が含まれているものもあるので、購入する際には成分をしっかり確認しましょう。

一般的に粉末タイプは高純度のものが多く、効果が最大限発揮できます。

シロップタイプは溶けやすいので何に入れても大丈夫です。


© 2017 オリゴ糖生活を始めよう