browser icon
You are using an insecure version of your web browser. Please update your browser!
Using an outdated browser makes your computer unsafe. For a safer, faster, more enjoyable user experience, please update your browser today or try a newer browser.

オリゴ糖とはどんなものでしょう

糖類の一種でまたの名を少糖類と呼ばれたりもします。

フラクトオリゴ糖・ガラクトオリゴ糖などさまざまな種類があります。

小腸で吸収される消化性のものと、胃や小腸では消化されず大腸まで届く難消化性のものがあります。

難消化性は胃や小腸では吸収されず、大腸の中まで到達することでビフィズス菌などの善玉菌を増殖させ腸内を整えます。

そして便秘を予防したり改善したりすると言われています。

この性能を利用して特定保健用食品(略してトクホ)のお腹の調子を整える食品として最近は商品化されています。

難消化性オリゴ糖はそのままの形で大腸まで行き、そこで腸内細菌により発酵されます。

それから大腸で吸収されエネルギー源として使用されます。

ですからノンカロリー食品ではありません。

血糖値が高いなど血糖値が気になる人は砂糖からオリゴ糖に切り替えてみましょう。

砂糖と変わらないので違和感なく切り替えることができるはずです。

しかし大量に摂取しすぎると体重増加につながると考えられているので注意しましょう。

ギリシャ語で「少ない」

という意味で、一般的にブドウ糖や果糖などの単純類が複数結びついたものをオリゴ糖といいます。

でも最近は乳糖、ショ糖、でんぷん、食物繊維、大豆やビートから天然成分を分離したものなど、さまざまなものがあります。

でも最近ではオリゴ糖というと後者をあげることが多いようです。

特徴としては腸内の菌の活性化(消化されずに大腸まで行きビフィズス菌の栄養源となる)、大腸がんの予防、虫歯になりにくくなる、甘味の低減、低カロリーなどの働きをします。

カロリーとしてはだいたい砂糖の半分以下が普通なのですが、体内に吸収されず排出されるので、ほとんどカロリーはないと思われダイエットにも使用されることもあります。

オリゴ糖の詳しい説明は

いろんなオリゴ糖を比較してここから選ぼう!

で解説をしていますのでこちらをごらんください。

また1回にたくさん摂取した場合は種類などによって程度の差はありますが、お腹がゆるくなったり、体の調子を整える作用は持たなくなり品質改善のみに優れているものもあります。


© 2016 オリゴ糖生活を始めよう